SOPvol.112          ワクチン接種始まる!

▲治水公園の桜

今月号の第1面では、4月12日に始まった新発田市での新型感染症のワクチン接種の模様をリポートしました。県内では3市町のみ先行、もっともはやい接種開始となりました。昨年度1月末に庁内にプロジェクトチームを立ち上げ、関係機関と綿密に協議を重ね、着々と準備を進めてきたからこそ、他市町に先駆けて開始することができました。まずは老人福祉施設から接種を始め、5月には高齢者、その後に一般への接種となります。

第2面では、ほとんど知られていない大倉喜八郎の文化面での貢献について、とくに舞台芸術に関する業績を取り上げました。明治期における歌舞伎、大正期における海外との交流など、翁の果たした役割の大きさは特筆されるべきです。次号では美術品の保護と収集・保存について記載する予定です。

第3面では、議会発議による「歯と口腔の健康づくり推進条例」成立の経緯と内容を抜粋して掲載しました。ご存じの通り、歯と口腔ケアは心身の健康に直結するものとして科学的にも証明されています。二階堂市長は3期目の市政の4本柱に「健康長寿社会の実現」を据えました。その後押しとなる理念条例で、今年策定される「歯科基本計画」に具体的な事業が記載される予定です。

4面では陽だまり苑の「ピュア・オレンジ」、蕗谷虹児記念館の「リサとガスパール」展、歴史図書館の新企画「新発田藩の歴史資料」展を告知しました。

 

本紙PDFはこちら↓

sop_vol112_p1-4

SOPvol.111          月岡ブルワリー、ビールが大人気!

▲月岡の地ビール「げっぽ」大盛況

今月号の第1面では、昨年月岡温泉にオープンした月岡ブルワリーと併設のレストラン「キッチン げっぽ」を取り上げました。花安の渡辺安之さんと新保酒屋の新保典司さんらが立ち上げたプロジェクトで、土日休日には店に入られないくらいの繁盛ぶりです。純粋なクラフトビールで生産量が少ないために毎日醸造タンクに仕込んでいます。おかげで新参ながらビールの味は上々でかつての地ビールのイメージを超えた出来栄えです。しかし、ソーセージなどフード類は十分に美味しいものの、一部はまだ少し改良の余地があるかも知れません。つまり、その分今後の伸び代が期待できます。皆さんも一度試してみてください。月岡の新しいランドマークに押し上げるべく、応援よろしくお願いします。

第2面では、2・3月の市議会で多く取り上げられた行政のデジタル化についての一般質問から、最も分かりやすい五十嵐良一さんの質問を取り上げました。市長のやや苦手とする分野ではありますが、導入が進めば時間・経費ともに行政の効率化は飛躍的に進むことになります。市長の決意と大号令が望まれます。

もう一つは、積極的な経済対策を臨む阿部聡議員の代表質問を取り上げました。場所を選ばないIT産業や脱炭素社会を見すえた新産業の誘致・育成を強く求めたものです。時を同じく表面化した「京セラ撤退」に対する緊急対応を求める質問に対しては、市長からは「雇用マッチングを進める」との答弁がありました。

第3面では、感染症ワクチン接種の今後の予定、「蔵春閣」の付帯工事予算が計上されなかったことなどを掲載しました。例によって感染症ワクチン接種の準備は県内で最も早いもので、「スピード感」と「実行力」にすぐれた二階堂市長の面目躍如たるものです。

一方、「蔵春閣」の今後の整備は不透明なものとなっています。現状、本体移築工事竣工時の一般公開は難しいと思われます。

4面では陽だまり苑の「ピュア・オレンジ」、蕗谷虹児記念館の「美人画伝説」展、歴史図書館の新企画「新発田藩の歴史資料」展を告知しました。

 

sop_vol111_p1-4

SOPvol.109          新発田に本場ナポリ・ピッツァ

▲五十公野・ます潟の白鳥

今月号の第1面では、新発田市役所札の辻広場に毎週水曜に登場する「ナポリ・ピッツァ」のキッチンカーを紹介しました。何でも定年退職後、一念発起してナポリで修業して開店にこぎつけたとか。本格的な味もさることながら、前向きな志に脱帽です。札の辻広場にキッチンカーが集合するようになると面白いのにとひそかに期待しています(毎週日曜はイオン新発田店に出店予定)。

第2面・3面では、揺れに揺れている蔵春閣に移築に関して、これまでの経緯をまとめてみました。市長の寄贈承諾報告からすでに3年が経過しましたが、未だ紛糾しています。

昨年3月議会で比企議長が工事費の全体予算提示を要求、担当課長が業者から見積が出次第、3月以降新年度早々の提示を約束しました。ところが、全体予算提示のないまま、6月議会に一部工事予算が上程されました。審議を担当する総務常任委員会では「全体予算が分からなければ審議できない」としたため、6月16日にあらためて全体予算が提示されましたが、今度は比企広正議長ら数名の委員が全体工事費が「高すぎる」と猛反発、市は予算案を取り下げました。その後、付帯設備工事を除いた本体移築費のみ再度上程され可決、10月に本体移築工事に着工しました。

しかし、12月議会に、「利活用の再検討を求める」請願(紹介議員=令和会会長・若月学議員)とそれに相反する「(付帯設備工事の)早期着工を求める」陳情が出され、比企広正議長の属する令和会の主導で、なんと両方とも採択されました(詳細は前号掲載)。市はこれを受け、このままでは本体工事が終了しても公開が出来ない事態に追い込まれました。それに対して「利活用の再検討を求める」請願採択を主導した令和会は動揺したのかどうかその真意は不明ですが、議会本会議終了後の12月25日に総務常任委員会(委員長=令和会・板垣功議員)を招集し、請願とは相反する付帯設備の着工を求める方向に舵を切り、意見集約しました。

令和会は最大会派であり、議会の意見を代表する立場です。「利活用の再検討を求める」請願は採択すべきだったのかどうか、採択によって「泥沼にはまった」(小柳肇議員)状態に陥っているように見えます。

新型ウイルス禍のなか、整合性のない不可解な議会運営となり、根本的な改善が望まれます。

sop_vol109_p1_4