SOPvol.112          ワクチン接種始まる!

▲治水公園の桜

今月号の第1面では、4月12日に始まった新発田市での新型感染症のワクチン接種の模様をリポートしました。県内では3市町のみ先行、もっともはやい接種開始となりました。昨年度1月末に庁内にプロジェクトチームを立ち上げ、関係機関と綿密に協議を重ね、着々と準備を進めてきたからこそ、他市町に先駆けて開始することができました。まずは老人福祉施設から接種を始め、5月には高齢者、その後に一般への接種となります。

第2面では、ほとんど知られていない大倉喜八郎の文化面での貢献について、とくに舞台芸術に関する業績を取り上げました。明治期における歌舞伎、大正期における海外との交流など、翁の果たした役割の大きさは特筆されるべきです。次号では美術品の保護と収集・保存について記載する予定です。

第3面では、議会発議による「歯と口腔の健康づくり推進条例」成立の経緯と内容を抜粋して掲載しました。ご存じの通り、歯と口腔ケアは心身の健康に直結するものとして科学的にも証明されています。二階堂市長は3期目の市政の4本柱に「健康長寿社会の実現」を据えました。その後押しとなる理念条例で、今年策定される「歯科基本計画」に具体的な事業が記載される予定です。

4面では陽だまり苑の「ピュア・オレンジ」、蕗谷虹児記念館の「リサとガスパール」展、歴史図書館の新企画「新発田藩の歴史資料」展を告知しました。

 

本紙PDFはこちら↓

sop_vol112_p1-4

SOPvol.111          月岡ブルワリー、ビールが大人気!

▲月岡の地ビール「げっぽ」大盛況

今月号の第1面では、昨年月岡温泉にオープンした月岡ブルワリーと併設のレストラン「キッチン げっぽ」を取り上げました。花安の渡辺安之さんと新保酒屋の新保典司さんらが立ち上げたプロジェクトで、土日休日には店に入られないくらいの繁盛ぶりです。純粋なクラフトビールで生産量が少ないために毎日醸造タンクに仕込んでいます。おかげで新参ながらビールの味は上々でかつての地ビールのイメージを超えた出来栄えです。しかし、ソーセージなどフード類は十分に美味しいものの、一部はまだ少し改良の余地があるかも知れません。つまり、その分今後の伸び代が期待できます。皆さんも一度試してみてください。月岡の新しいランドマークに押し上げるべく、応援よろしくお願いします。

第2面では、2・3月の市議会で多く取り上げられた行政のデジタル化についての一般質問から、最も分かりやすい五十嵐良一さんの質問を取り上げました。市長のやや苦手とする分野ではありますが、導入が進めば時間・経費ともに行政の効率化は飛躍的に進むことになります。市長の決意と大号令が望まれます。

もう一つは、積極的な経済対策を臨む阿部聡議員の代表質問を取り上げました。場所を選ばないIT産業や脱炭素社会を見すえた新産業の誘致・育成を強く求めたものです。時を同じく表面化した「京セラ撤退」に対する緊急対応を求める質問に対しては、市長からは「雇用マッチングを進める」との答弁がありました。

第3面では、感染症ワクチン接種の今後の予定、「蔵春閣」の付帯工事予算が計上されなかったことなどを掲載しました。例によって感染症ワクチン接種の準備は県内で最も早いもので、「スピード感」と「実行力」にすぐれた二階堂市長の面目躍如たるものです。

一方、「蔵春閣」の今後の整備は不透明なものとなっています。現状、本体移築工事竣工時の一般公開は難しいと思われます。

4面では陽だまり苑の「ピュア・オレンジ」、蕗谷虹児記念館の「美人画伝説」展、歴史図書館の新企画「新発田藩の歴史資料」展を告知しました。

 

sop_vol111_p1-4

SOPvol.108          異なる請願と陳情を採択した市議会


▲冬の風物詩「義士祭」雪の中、今年も開催

 

今月号の第1面では、蔵春閣に移築に関して、新発田市議会に対して、相反する請願と陳情が出され、両方とも採択された経緯を紹介しました。請願は「利活用の再検討を求める」ものであり、「新発田まち遺産の会」から提出されました。紹介議員は令和会の若月学議員と共道しばたの入倉直作議員です。陳情は「(終了した)利活用を実現するため、早期に付帯施設工事の予算計上を求める」もので、「大倉喜八郎の会」から提出されました。

もし、「新発田まち遺産の会」の求める通り再検討することになれば、「大倉喜八郎の会」の求める付帯施設工事は始められず、早期公開は絶望的です。二者の要望内容は相反していますが、請願を主導した令和会(会長・若月学)と共道しばた(会長・入倉直作)は請願・陳情ともに賛成、議会として判断しない道を選びました。議会としての責任放棄です。市執行部の対応が注目されます。

第2面では、議会12月定例会から、目立った2件の質問と答弁を掲載しました。クマの頻繁な出没を受けての鳥獣害対策と、蔵春閣移築を契機とした駅前活性化についてのやり取りを掲載しました。

第3面では、恒例の「義士祭」の模様をリポートしました。今年は堀部安兵衛生誕350年にあたり、オリジナルマスクやオリジナルカップそばが登場しました。新型ウイルス禍のなかのイベントでしたが、昭和40年以来55年も続いている少年少女剣士のパレードは関係者の協力で何とか実現しました。

4面では陽だまり苑の「ピュア・オレンジ」、蕗谷虹児記念館の「美人画伝説」展、歴史図書館の新企画「明治維新と新発田藩」展を告知しました。

 

sop_vol108_p1-4